実行委員会

J Green small file.jpg

大統領

クリスティ・L・ウェーバー教授

ウェーバー教授は、骨および軟部組織の腫瘍、ならびに転移性骨疾患の治療を専門としています。彼女は米国整形外科学会の前会長であり、アカデミーの最初の女性会長でした。

Marie Thiart.jpg

副社長

ジェニファー・グリーン博士

グリーン博士は、手、手首、顕微手術を専門としています。彼女はIODAの創設メンバーであり、整形外科の多様性と包括性を高めることに非常に情熱を注いでいます。グリーン博士は、オーストラリア整形外科協会(AOA)整形外科女性リンク(OWL)委員会の直前の議長であり、多様性の変化を推進することに成功しています。

Matt Schmitz.jpg

第二副社長

バイオレットルポンド博士

Dr Schmitz is the orthopaedic chair at San Antonio Military Medical Centre – the largest orthopaedics department in the Department of Defence – and the sole paediatric orthopaedic surgeon in the United States Air Force.

Samantha-Tross.jpg

秘書

マシューシュミッツ博士

シュミッツ博士は、防衛省で最大の整形外科部門であるサンアントニオ軍事医療センターの整形外科医であり、米国空軍で唯一の小児整形外科医です。

Andrew Wines.jpg

会計

アンドリューワイン博士

ワインズ博士は、成人と子供における足と足首の関節鏡視下および再建手術を専門としています。ワインズ博士はオーストラリア整形外科協会(AOA)の理事会にも参加しており、AOAのチャンピオンズオブチェンジ委員会の議長を務めています。

headshot_edited.jpg

研修生代表

サイモンフレミング博士

フレミング博士は、ロンドンを拠点とするトラウマおよび整形外科のレジストラです。フレミング博士は

また、アカデミーオブメディカルロイヤルカレッジトレイニードクターズグループの元副会長、および英国整形外科トレイニー協会の元会長

Weber.Kristy_Business Attire.jpg

研修生代表

サイモンフレミング博士

フレミング博士は、ロンドンを拠点とするトラウマおよび整形外科のレジストラです。フレミング博士は

また、アカデミーオブメディカルロイヤルカレッジトレイニードクターズグループの元副会長、および英国整形外科トレイニー協会の元会長

地域の代表者

We encourage IODA members to contact their Regional Representative using the member chat function – login required.

Dalal A Bubshait.jpeg
Margaret Fok 2.png
Screen Shot 2022-05-04 at 2.06.33 pm.png

アフリカ

マリ・ティアート博士

アジア太平洋地域

マーガレット・フォク教授

Fok教授は、香港大学の名誉臨床助教授であり、手、手首、肘の状態に関する多数の出版物があります。

ヨーロッパ

キャロライン・ヒンさん

ミス・ヒンは、膝蓋骨の不安定性に関心のある外傷および専門の膝外科医です。ミス・ヒンは、ジャーナル「The Knee」の編集長であり、サウスロンドンCRN筋骨格部門の共同リーダーです。キャロラインは英国整形外科協会の積極的なメンバーです いくつかのBOA委員会に参加しています。

中東

ダラル・バブシェイト准教授

Bubshait博士は、サウジアラビアの小児整形外科コンサルタントです。 Bubshait博士はよく出版されており、サウジアラビア整形外科協会米国整形外科学会、および国際筋骨格学会の会員です。

北米

アンソニー 'AJ'ジョンソン、MD

Patricia Fucs.jpg

ラテンアメリカ

クラウディア・アリアス博士

アリアス博士は、膝の手術を専門とする整形外科医です。 Arias博士は、 International Society of Arthroscopy、Knee Surgery and Orthopedic Sports Medicineのブログに、「多様性–ラティーナ整形外科医としての生活」というタイトルの投稿で整形外科の経験について書いています。

Lorraine Boakye.jpg
Makenna Mbogori.jpg

Dr Mbogori is passionate about the practice of orthopaedic surgery in her home country of Kenya and the greater African region. Dr Mbogori serves as the Executive Secretary of the Kenya Association of Women Surgeons (KAWS), which encompasses all female doctors pursuing a career in all the surgical fields in Kenya.

Dr Boakye is a foot and ankle fellow at Harvard-Brigham and Women's Hospital Department of Orthopaedic Surgery. Dr Boakye was the Administrative Chief Resident at the University of Pittsburgh Medical Center, where she ensured recruitment and retention of a diverse resident cohort.